過去の記事

[2月]名古屋大学理学部化学科Stephan Irle教授らがナノ炭素研訪問

Stephan Irle教授らがナノ炭素研訪問
名古屋大学理学部化学科Stephan Irle教授ら3名が、2012年度から開始予定の共同研究(Chao系QM/MD法によるナノ炭素構造要素の非経験的探索)打合せのため2月20日にナノ炭素研訪問。顔合わせを兼ねて科学技術セミナー開催:

February 20, Mon, 2012
Lecture Room 1, 4th Floor, AREC, Shinshu University
13:00-13:10  Opening remark, Eiji Ōsawa (NCRI)
13:10-13:30  “Molecular and electronic structures of transition metal clusters: Endohedral metallofullerenes and polyoxometalate clusters,” Yoshio Nishimoto (NU)
13:30-14:00  “Development of new multiple-scale methods for solution chemistry,” Daisuke Yokogawa (NU)
13:50-14:30  “A priori prediction of chemical reaction pathways in complex systems: Metallofullerene formation and related systems,” Stephan Irle (NU)
14:50-15:20  “The challenges of nanodiamond spectroscopy,” Vitaly Korepanov (NCRI)
15:20-15:50  “Optimized de-agglomeration of detonation nanodiamond,” ○Shuichi Sasaki and Ryoko Yamanoi (NCRI)
15:50-16:20  “Revised structure of single-nano diamond,” Eiji Ōsawa (NCRI)
16:20-16:30  Closing Remark, Stephan Irle (NU)

・ナノダイヤモンドに関して、読み応えのある総説を見逃していた
Krueger, A. “Beyond the shine: recent progress in applications of nanodiamond,”
J. Mater. Chem., 2011, 21, 12571-12578.

月内活動記録
・公開講演会講師 大澤映二「ナノ粒子の不思議−フラーレン・ナノダイヤモンドを中心にして」東京都立産業技術研究センター城南支所主催、大田区産業プラザ会議室、2月9日午後3−4時

・公的委員会 豊橋鍍金サポイン「ナノダイヤモンド分散複合化技術による金メッキ被膜の高機能化と金代替めっき技術の開発」第2回研究開発委員会に顧問として出席、豊橋、2月29日午後2時半‐5時。