過去の記事

[11月]汎用結晶性ポリマーマトリックス中へのナノダイヤモンド一次粒子均一分散試験成功

NEWS

♦ポリエチレンテレフターレート(PET)、ナイロン6など汎用結晶性ポリマーの固体マトリックス中に、爆轟法ナノダイヤモンド一次粒子を均一に分散させる汎用的方法の開発試験に初めて成功した。特許申請準備中。

♦ナノころ潤滑構想展開用に、兼ねて独自に設計・製作していた転がり摩擦係数測定装置(極低負荷摩擦摩耗試験機)のハードウエアが2013年3月に完成していたが、Lissajous図形を用いる独自の解析ソフトウエアを作り上げた。2014 Nano Tech展(東京ビッグサイト、2014年1月29-31日)JSTブースに於いて発表予定(佐々木)

♦爆轟法ナノダイヤモンド凝膠体のビーズミリング解膠の際に、解砕メディア(ジルコニアZrO2)の損耗によるジルコニアナノ粒子が、目的物であるナノダイヤモンド一次粒子に混入する。汚染防止の第一歩として、蛍光X線内部標準法によるナノジルコニア粒子の半定量分析法を確立した(山野井)。



論文発表など
☆採択決定
 “The impact of structural polydispersity of the surface electrostatic potential of nanodiamond,” Barnard, A. S.; Ōsawa, E. Nanoscale in press.

☆投稿完了
 “Three-dimensional model for phonon confinement in small particles: quantitative bandshape analysis of size-dependent Raman spectra of nanodiamonds,” Korepanov, V. I.; Witek, H.; Okajima, H.; Ōsawa, E.; Hamaguchi, H., submitted for publication in Nano. Lett.

☆本の分担執筆契約
 松尾豊監修:《フラーレン誘導体・内包技術の最前線》、第一章第一節「フラーレンの発見と生成機構」大澤映二、CMC出版