過去の記事

[1月]2014 MRS春季大会 (4月、San Francisco, CA)2回目のナノダイヤモンドシンポジウム開催
          Nano Tech 2014(東京ビッグサイト、2014年1月29-31日)に出展

NEWS

☆2014 MRS春季大会 (San Francisco, CA)の中で、 2回目のNanodiamond Symposium (番号PP)が開催され、大澤がLead Organizerを務める。Technical Program公開は1月中の予定だが、シンポジウムPPの冒頭講演者には篠原久典教授(名大理)が選ばれた。本大会は2014年4月21−25日に行われ、全体で60のシンポジウムが平行進行し、6000人が出席すると見込まれる。

☆「キラリ輝く・長野県企業セレクション38社」、平成25年12月20日(財)浅間リサーチエクステンションセンター発行、30頁に当社が掲載された。


☆Nano Tech 2014(東京ビッグサイト、2014年1月29-31日)に出展。JSTのご厚意によって、JSTブース(小間番号6V-16、ブース内展示番号8)に、以下の展示をおこなう。

「ナノダイヤ肌の湿潤剤ゲル」
(1)ナノダイヤコロイド水溶液
(2)お土産、15mlスプレー容器入り同水溶液40本


「ナノダイヤ入り非油系自動車エンジン液」
500ml 透明細口ガラス瓶、ナノダイヤのエチレングリコール溶液500ml

「ナノダイヤ入り一般小型モーター用非油系潤滑液」
(1)プロピレングリコール溶液
(2)お土産、15mlスプレー容器入り同水溶液40本


「ナノダイヤ入りスキー・スノボ滑走ワックス」
(1) 一般向けおよび競技者用ナノダイヤ入りオリジナルスキーワックス
(2)お土産、一般向けxナノダイヤ入りオリジナルスキーワックス、15g入り40本


これらの展示品は、2012-2013年JST A-STEP助成金によって開発したナノダイヤモンドによる新しい潤滑構想「ナノころ潤滑」の応用製品である。



学会発表予定
第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(2014年3月3-5日、東大本郷)
1.オーラル “Dispersion of detonation nanodiamond: A progress report,” Shuichi Sasaki, Ryoko Yamanoi & Eiji Ōsawa.
2.ポスター “Hydration of nanodiamond surface revisited: intercalation hypothesis,” Ryoko Yamanoi, Shuichi Sasaki & Eiji Ōsawa.


論文発表

採択決定
“Three-dimensional model for phonon confinement in small particles: quantitative bandshape analysis of size-dependent Raman spectra of nanodiamonds,” Korepanov, V. I.; Witek, H.; Okajima, H.; Ōsawa, E.; Hamaguchi, H. J. Chem. Phys. in press.

インターネット版公開
“The impact of structural polydispersity of the surface electrostatic potential of nanodiamond,” Barnard, A. S.; Ōsawa, E. Nanoscale 2014, 6(2), 1188-1194.

“Wigner energy of nanodiamond bombarded with neutrons or irradiated with γ radiation,” Cataldo, F.; Angelini, G.; Révay, Z.; Ōsawa, E.; Braun, T. Carbon DOI:10.1080/1536383X.2013.858131, posted online: 08 Jan 2014.


依頼原稿
「金属に匹敵する強度を持つプラスチック」大澤映二、Plastic Age (日本語), 4月号掲載予定。