[5月]グラフェンミニ国際シンポジウムに参加(豪・Melbourne郊外Clayton学術都市CSIRO) 
            大阪大学工学部応用化学科の学科セミナー;「フラーレンからナノダイヤモンドへ」大澤
            グラフェンミニ国際シンポジウム(豪Clayton学術都市)に参加

  ・5月1日 信大繊維学部応用化学課程4年生大庭昇悟君が、当社において卒業実験開始。テーマ未定。

  ・5月9日 大阪大学工学部応用化学科の学科セミナー;「フラーレンからナノダイヤモンドへ」大澤。

  ・5月22日 オーストラリアMelbourne郊外Clayton学術都市CSIROにおいて開催されたグラフェンミニ国際シンポジウムに参加:
        *基調講演「爆轟法ナノダイヤモンドの表面は部分的酸化グラフェン」大澤

  ・5月25日 中国四川省成都市高度技術イノベーションサービスセンターによる第6回Tianfuベンチャーフォーラムに出席
        *特別講演「ナノ炭素テクノロジー」

  ・5月28日 2013年東京にて開催予定の国際会議RPGR2013 「グラフェン研究最近の進歩シンポジウム」の組織委員に指名される。

月内活動記録
論文掲載 1篇
“Formation Mechanism of C60 under Nonequilibrium and Irreversible Conditions — An Annotation,” Eiji Ōsawa, Fullerenes, Nanotubes and Carbon Nanostructures, 2012, 20, 299-309. ファイルのダウンロード