[2012年6月] 日本で実施する国際会議 Nanodiamond-From Basics to Potential Applicationsが採択される

ニュース
6月12日。2013年9月16-20日京都にて開催予定の日本応用物理学会(JSAP)およびMRS共催合同シンポジウムに、兼ねて提案していたシンポジウムNanodiamond-From Basics to Potential Applicationsが採択された。本シンポジウムはアメリカ(Dr. Olga Shenderova)およびイギリス(Dr. Oliver Williams)と共同で組織する予定。日本で実施する国際会議としては初めてのオープンなナノダイヤモンドシンポジウムとなる。

6月20日。録画が簡単に出来る7000倍光学顕微鏡が研究室に設置された(信大繊維学部沖野不二雄教授のご厚意による)。


月内活動記録
論文 投稿4編
* “Nanodiamond and its application to drug delivery,” Ōsawa, E.; Ho, D. J. Med. Allied Sci. in press.
* ”Nanodiamond-therapeutic complexes embedded within poly(ethylene glycol) diacrylate hydrogels mediate sequential drug elusion,” Man, H. B.; Lam, R.; Chen, M.; Ōsawa, E.; Ho, D. submitted to publication.
* “Fullerenes Genetic Code: Multiple Controls of Regioselective C2 Assembly,” Dang, J.-S.; Wang, W.-W.; Zheng, J.-J.; Zhao, X.; Ōsawa, E.; Nagase, S. submitted for publication in J. Am. Chem. Soc.
* “Statistical Modeling of Ensembles of Diamond Nanoparticles: Approaches to Diversity and Polydispersivity,” Barnard, A. S.; Sasaki, S.; Ōsawa, E. submitted for publication.

専門書刊行 編著1冊
20120703-nanocarbon picture2.PNG
* 「ナノカーボン―炭素材料の基礎と応用」ナノ学会編シリーズ:未来を創るナノ・サイエンス&テクノロジー第1巻、全239頁、近代科学社、尾上順編、うち2章フラーレン、19-37頁、および6章ナノダイヤモンド、175-230頁を大澤担当。

学会・委員会等社外活動
* 2013年秋日本(日程、場所未定)にて開催予定の国際会議RPGR2013 “Recent Progress in Graphene Research”の第一回組織委員会に、組織委員兼国際理事会委員候補として出席、6月27日16時、東京八重洲倶楽部。