Q1:一桁ナノダイヤモンド粒子分散(ナノアマンド®)の開発状況は、
  他社による二次製品の試作・販売に対応することが可能な段階に達しているでしょうか?

A1:ナノ炭素研究所にはミニ製造設備が揃っていて、月産2kgまでの需要に対応することが出来ます。しかし、この程度の少量生産では販売価格を引き下げることが殆ど出来ないので、コスト高の状況が暫くは続きます。従って、高付加価値製品を少量製造販売するビジネスしか出来ないと思います。