Q3: ナノアマンド®は何の役に立ちますか?

A3:ナノダイヤモンド®分散体は、これまで未知だったので、用途も未知です。しかし、ナノテク素材の中で、もっとも興味深い一桁ナノの大きさを持つこと、ダイヤモンドは本来地球上で知られている物質中、工業材料として最高最良の性質を持つという事実などを考え合わせると、近来稀に見る優れた汎用素材になると期待されます。現在、用途を鋭意開拓中ですが、特許、論文などの裏ずけある有望用途を纏めると以下のようです。応用範囲の広さ、これまで見出された用途の多様性などを考えると、これから更に多くの用途が発見され、展開すると思われます.

ナノダイヤの形 応用分野 現状[文献]
分散粒子
(コロイド、
アエロゾル)
高速超精密研磨 CMP用砥粒 予備結果良好[1]
潤滑剤 低摩擦コーティング 予備結果良好[2]
組成物強化成分 Cu, Wを母材とする合金 予備結果良好[3,4]
低圧電子放出陰極 ディスプレイ、電子銃 未着手
CVD結晶核 NCD, UNCD薄膜 進展中[5ab]
蛍光発光素子 細胞イメージング 進展中[6]
ドラッグキャリヤー 細胞治療 未着手
表面誘導体 過フッ化物中間体 予備結果良好[2]
ナノ炭素原料 孤立ナノオニオン合成 予備結果良好[2]
触媒担体 インターカレーション型触媒 予備結果良好[7]
ナノマスキング ダイヤモンド系トランスデューサー表面エッチング 進展中[8a]
吸着媒 病原体別流行性疾患早期検査 予備結果良好[13]
電子デバイス N/MEMS、ヒートシンクなど 未着手[14]
ゲル 薬物キャリヤー ドラッグデリバリー 予備結果良好[9]
熱伝媒体 ヒートシンク 未着手
集合体 複合膜(LBL法) 非炎症性内臓移植用被膜 進展中[10]
SPS焼結 各種成型体 着手後中断[2]
直接コーティング 表面保護 未検討
オーディオ用コーン 未検討

[01]大澤映二、現代化学、平成19年12月号印刷中。

[02]E. Ōsawa, Pure & Appl. Chem. 投稿中。

[1]加藤照子ほか、型技術21, 56 (2006).

[2]未公開.

[3]V. Livramento, J. B. Correa, D. Nunes, P. A. Carvalho, H. Fernandes, C. Silva, K. Hanada, N. Shohoji, E. Ōsawa, 投稿中.

[4](a) V. Libramento、J. B. Correia, N. Shojoji, E. Ōsawa, Diam. Rel. Mater. 6, 202 (2007); (b) J. B. Correa, V. Libramento, N. Shohoji, E. Tresso, K. Yamamoto, K. Hanada, E. Ōsawa,

[5].(a) O. A. Williams, O. Douheret, M. Daenen, K. Haenen, E. Ōsawa, M. Takahashi, Chem. Phys. Lett. 445, 255 (2007); (b) O. A. Williams, M. Nesladek, M. Daenen, S. Michaelson, O. Ternyak, A. Hoffman, E. Ōsawa, K. Haenen, R. B. Jackman, D. M. Gruen, Diam. Rel. Mater.投稿中.

[6]Y. Colpin, A. Swan, A. V. Zvyagin, T. Plakhotnik, Opt. Lett. 31, 625 (2006).

[7]A. E. Alexenski, M. V. Baidakova, M. A. Yagovkina, V. I. Siklitski, A. Ya. Vul’, H. Naramoto, V. I. Lavrentiev, ICNDST-9, Abst. No. 173 (2004).

[8]H. Huang, E. Pierstorff, E. Ōsawa, D. Ho, Nano Lett. (2007), doi:10,1021/nl075121o. [8a] N. Yang, H. Uetuska, H. Watanabe, J. Yu, E. Osawa, C. E. Nebel, 投稿準備中.

[9]H. Huang, E. Pierstorff, E. Ōsawa, D. Ho, 投稿中.

[10]E. Oda, K. Ameyama, S. Yamaguchi, Mater. Sci. Forum 503-504, 573 (2006).

[11] A. Krüger, F. Kataoka, M. Ozawa, A. Aksenskii, Y. A. Vul’, Y. Fjino, A. Suzuki, E. Ōsawa, Carbon 43, 1722 (2005).

[12] M. Ozawa, M. Inakuma, M. Takahashi, F. Kataoka, A. Krüger, E. Ōsawa, Adv. Mater. 19, 1201 (2007).

[13] “Nanocarbon materials for noninstrumental immunochemical diagnosticums,” T.Fujimura, I.V.Shugalei, N.A. Zhdanova, A.M.Ivanov, Е. Ōsawa, N.N.Rozhkova, V.V.Sokolova, V.Yu.Dolmatov, T.M.Ilyushina, Presented before EN-NANO Nagano Conference, June 13-18, 2008, Nagano, Japan.

[14]「ダイヤモンドエレクトロニクスの最前線」藤森直治、鹿田真一編集、シーエムシー出版準備中.